ホイール

【予算5万円】低価格帯のホイールも検討【手組ホイール】

どうも、sayranです。

前回は予算10万円でのホイール選びを検討してみました。

今日は【予算5万円】でのホイールを検討してみたいと思います。

ホイールの価格差は「ハブ」と「リム」です。

普段使い、練習に

f:id:sayran1978:20191211211412j:plain

完成車についてくるような安いホイールは案外使い道があります。

  • ローラー台専用
  • 自転車通勤用

僕も昔はローラー台専用でマヴィックのアクシウムを使っていました。

自転車通勤に使うには重いのでストレスかもしれません。でも、頑丈なのでその点では安心ですね。

アクシウム エリート UST

マヴィック

重量: 1780 グラム

52000円。ほんの少し予算オーバーですが、通勤にこれはいいと思います。やっぱりチューブレスの恩恵が大きいですよね。

もう少し頑張るとキシリウムUSTというホイールが65000円なのでこれもありかなと思います。重量: 1650 グラムなので、違いは重さだけ?スポークはステンレスっぽいです。

新しいホイールみたいですが、どういう位置づけのホイールなんでしょうか。

チューブレスでないアクシウムもありますが、チューブレス以外を選ぶならシマノのSHIMANO WH-RS300-CLがいいですよ。25000円くらいです。重量は1827グラムです。

実はこの価格帯の本命は【手組】ホイールです

人によってはまっとうな選択かもしれません。コスパでいうと手組がいいと思います。

自分で作ると手間のコストがかかりますが、正月休みみたいな時間があるとに挑戦してみるのもいいと思います。

手組のメリット

  • コストを抑える事ができる
  • 乗り手合わせてスポークテンションを調整できる
  • ホイールの構造を深く知ることができる

コストを抑えるといっても激安にはできません。値段の割にいいホイールができるという意味合いが強いです。

競輪選手のホイールは手組ですし、組む人によってはいいものができるんですよね。有名なところだとのむラボさんのホイールでしょうか。

多少値段が高くなってもいいならカーボンの手組もできます。

自分で組む場合はホイールの仕組みを深く知ることができます。それと、完組だとスポークが折れたら振れがひどくて走れませんが、手組なら問題ありません。知識があれば振れ取りやスポークテンションの調整もできますしね。手間賃がかからずに済みます。

手組ホイールの教科書

僕は苦手分野なので、詳しく説明できませんがいい書籍があります。

これ持っていない人は買っておいたほうがいいですよ。中古品しかないみたいですが良書です。

手組やり方の他に、ロードバイクの事についてさまざまな科学的検証がなされています。

動画はサイメン飯倉さんのDVDがいいと思います。商品紹介はできませんが、ロードバイクの科学の本と合わせるとより分かりやすいです。

予算

昔はタキザワサイクルで手組のオーダーができたのですが、web上ではトラックか競輪のホイールのみの受付になっていました。

電話で聞いてみたほうがいいかもしれません。

自分で組む場合は

  1. 105フロントハブ 3220円
  2. 105リアハブ 5540円
  3. スポーク 星ダブルパテッド フロント60円×12本=720円 リア60円×35本=2100円
  4. リム マヴィック オープンプロ 36H 9,500×2=19000円

3220+5540+2820+19000=30580円

これはあくまでも一例ですが、タキザワサイクルで材料を仕入れるとこんな感じです。リムテープがついてるのかわかりませんが、ない場合はプラス1000円くらいです。

ハブのグレードをもう少し上げてもコスパはなかなかです。

手組ホイール作成のための道具

  • 振れ取り台
  • センターゲージ
  • スポークテンションメーター
  • ニップル回し

振れ取り台

これがないと手組作業ができません。ホイールをセットして左右の振れを調整するものです。精度が問われる道具です。

パークツールのパチモンっぽいですがなかなかの評判です

パークツールのセンターゲージ。縦の振れをこれで調整します。ミノウラのが安いですがあまり評判がよくないのでこれでいいと思います。

スポークテンションメーター。これはパークツールのでいいかもしれません。

ニップル回し。スポークを張ったり緩めたりするのに使います。

この4点は完組ホイールの調整にも使えますので持っておいたほうがいいかもしれません。

テンションメーターは持ってたほうがいいですね。

道具だけで3万円くらいかかりますね。。。ロードバイクライフにはあったほうがいいものなので趣味性を追求したい方は考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 完組ならマビックアクシウム
  • 手組のほうがコスパがいい
  • 手組は手間と道具代がかかる

自演者通勤を考えるならチューブレスのアクシウムですね。シマノにもチューブレスがあって安いですが、信頼度がイマイチです。

この価格帯なら手組のほうがいいとよく言われています。趣味性をより極めたい方は、手組ホイールを作成するのもいいのではないでしょうか。

さらに安いほうがいいという方はシマノの廉価版ホイールですね。

個人的には手組でロマンを追求するのもありかなぁと思っています。

手組ホイール作成に時間をかけられるのは、ロマン派ロードバイク乗りにとっては幸せですね。

おわり

-ホイール

© 2021 ジテツーブログ Powered by AFFINGER5