ロードバイク初心者

【ロードバイク】冬のアンダーウェアは大事です

どうも、sayranです。

今日は冬のアンダーウェアについて記事にしたいと思います。

最近山に行ってて、改めて大事さを痛感しました。

ロードバイクの趣味歴が長い方は今更な話でしょうが、ユニクロのヒートテック等で山に行かないようにしてくださいね。

汗冷えを防ぐ

f:id:sayran1978:20191215151123j:plain

夏と違って冬は汗をかくと素材によっては汗冷えします。

汗冷えは危ないです。体の表面が冷えるならまだいいのですが、芯が冷えると回復するまでに時間がかかります。

山に行くときは必須

自転車通勤など、運動強度がそれほど高くない場合は気にする必要はないのですが、一つ、二つと峠を越えるルートだと汗をかきます。

登りで汗をかいて下りで冷える、これを繰り返している間にどんどん体が冷えていきます。

そのうち体が動かなくなってきて、低体温症になるかもしれません。

極端な例をあげると冬山の登山は汗冷えしたら凍死ですしね。

高性能アンダーウェア

ちょっと大げさな書き出しとなってしまいましたが、実際は高性能アンダーウェアでなくても山に行くこと自体は可能です。

ただ、汗冷えはしますのでそこは考慮しておいたほうがいいですね。

僕が今つかっているのはパールイズミの冬用アンダーウェアです。

値段は5千円程度ですが、高性能です。汗の速乾性がいいです。それと、かいた汗を熱に変える特殊な素材が織り込まれています。

一旦あったかくなるとそのまま冷える事はありません。

ジャケットの下はこれ1枚で大丈夫です。冬でも運動強度高めのライドを行う方には必須だと思います。

mont-bell ジオライン 中厚手 サイクルアンダーシャツ

Amazonでは見当たらなかったのですが、これもいいと思います。価格はアスキーサイクルで 4,400 円。こちらのほうが少し安いですね。

モンベルは登山ウェアのノウハウがあるので商品自体はいいと思います。ロード用の設計という点ではパールイズミのほうがいいかもしれません。

クラフトのアンダーウェアもいいのですが、商品が見当たりませんでした。

アンダーウェアではないのですが、僕がなくしたクラフトのネックウォーマーがアマゾンにありました。ついでに掲載しておきます。

これはよかったです。柔らかくて使いやすく保温も十分でした。

高性能アンダーウェアの普段使いはやめましょう

普段使いはユニクロのヒートテックで十分です。

高性能アンダーウェアを普段使いすると劣化が早くなります。

パールイズミのアンダーウェアは起毛に特殊な繊維がついているのですが、普段使いするとこの起毛が擦れてなくなります。肘とか背中のあたりですね。

もったいないのでロードで山に行くとき限定で使ったほうがいいと思います。

アンダーウェアはけちらない

ここはケチったらだめなところです。コストを抑えるのは別の所で抑えましょう。

ワークマンやユニクロで代用しようという考えはやめておいたほうがいいです。

モンベルのような比較的安めのアンダーウェアもありますので、コストを抑えたい場合はそちらをご検討ください。

ロードバイク専用設計を選ぶ

ロード用は背中と腕の丈が長めに作られています。ロード用でないものは乗った時に背中だけ寒くなる可能性があります。

そうなると効果が半減しますので選ぶときに間違えないようにしてくださいね。

真冬のライドは寒さ対策を入念に

乗ってて思うのですが、そもそも真冬はロードバイク向けの季節ではないですね。

クロストレーニングとしてスキーやシクロクロスをやったほうがいいような気がします。

それでも真冬に山に行きたい方向けとなりますが、手、足、体の芯は冷やさないようにした方がいいです。

余計な金がかかってしまいますが、防寒対策費用はあまりけちらないようにしておきましょう。

-ロードバイク初心者

© 2021 ジテツーブログ Powered by AFFINGER5