マウンテンバイク

ロードバイク乗りから見たマウンテンバイクのホイール

どうも、sayranです。

マウンテンバイクのホイールはロードバイクと比べて、パーツの中ではどの程度重要な割合を占めているんでしょうか。

ロードバイクの場合は、軽く、よく回るものがより良いとされていて値段も高いです。

マウンテンバイクはロードバイクと比べて用途がことなりますので、重点を置くポイントが異なると思います。

動画で悪路を走行中にホイールがバラバラになっているのを見たことがあります。頑丈さが求められますね。

マウンテンバイクのホイールがどのようになっているのか、サイズと合わせてポイントを見ていきましょう。

軽さが正義ではないマウンテンバイクのホイール

f:id:sayran1978:20200719184527j:plain

ロードバイクのホイールは軽さがそのまま価格差になっています。

マウンテンバイクのホイールはロードバイクのホイールと違い、軽さが正義ではありません。

カーボンリムのホイールもあるようですが、ロードバイクみたいに延々と舗装路の坂を登る場面がないのでそこまで重要視されないようです。

マウンテンバイクは荒れた短いオフロードを直登ですね。

マウンテンバイクのホイールは、ロードバイクのホイールと比べてどのような点が大事なのかまとめてみました。

  • 組み方やリムの種類はロードバイクと変わらない
  • 軽さが正義ではない
  • ホイールサイズやが大事

パーツの中では、ロードバイクほど重要さの比重が高くないようです。

ロードバイクと同じ基本構成

ハブがあってスポーク、リムで構成されています。基本的な種類はロードバイクと同じですね。

イタリアン、JIS、ラジアルと組み方もロードバイクと同じです。

個人的な疑問として、マウンテンバイクにラジアル組を採用すると強度の面で問題にならないのかなぁと思います。

マヴィックを始めとして完組ホイールもたくさん売られていますが、マウンテンバイクのホイールは手組のほうが面白そうですね。

調べて見るとマウンテンバイクの世界は、手組ホイールがまだまだ活躍しているようです。

スポークが折れても走り続けられるの手組のメリットを、オフロードで発揮することができるからだと思います。

タイヤやリム幅のワイド化やハブ規格

マウンテンバイクのハブにはブースト規格というものがあります。

ハブ幅がリア148mm・フロント110mmの規格のものです。それまでのMTBで標準とされてきたリア142mm・フロント100mmを拡幅したものです。

今のところ、ブースト規格はまだ浸透していませんが、今後拡大していくと思われる規格です。

リムのワイド化

ロードバイクの世界でも数年前からハブとリムが幅広になってきました。マウンテンバイクの世界でも29erが浸透するにつれて、ハブやリムのワイド化が進んでいます。

リムのワイド化は、ホイールの剛性アップの点で利点があります。

実際に乗ってみると剛性というよりもパワー伝達の面で、ワイドリムのほうが優れているように思えます。

ワイドリム化が進むと少し脚力が必要になるので、初心者の方には少し敷居が高くなるように思えます。

タイヤのワイド化

リムがワイド化すると、タイヤも無理なくワイド化することができます。リム幅を超えたタイヤを付けるのは、合理的ではありません。

タイヤのワイド化によるメリットは

  • チューブレスタイヤがリムから外れるのを防ぐ
  • 空気圧を低くできるのでグリップを上げる事ができる

タイヤがリムから外れるのはほとんどないことだと思いますので、実際感じる事ができるメリットはグリップ向上だと思います。

マウンテンバイクの場合は、急勾配の悪路を登ったり下ったりします。ロードバイクと比べると、よりグリップが大事ですね。

マウンテンバイクにおいて、リムやタイヤのワイド化はロードバイクよりもメリットが大きいようです。

ホイールサイズ

マウンテンバイクにおいてホイールサイズは最も重要な選択であり、かつ悩ましい選択でもあります。

現行のサイズは、29 27.5 27.5+ ファットバイク 26 とあります。26はもう現行のラインアップにはないと思います。

それぞれの特徴は以下の通りです。

29

タイヤの接地面がタテ方向に増え、転がり抵抗が良好になる。ハンドリングも安定。ホイールが大きい分障害物の乗り越えが楽。

27.5

26と29の中間。いいとこどりのサイズです。26の取り回しの良さを残しつつ、29の走破性の良さや安定性なども取り入れたサイズです。悪く言うと中途半端ということもできます。

27.5+

タイヤを太くしたもの。幅3インチ。高い安定性とグリップが特徴です。29のタイヤと直径が同じなので使いまわしができます。たくさんのタイヤが使えるのがポイント高いですね。

ファットバイク

大きく趣味性に振ったタイヤがかなり太いマウンテンバイクです。これなら大雪が降った日でも自転車通勤が可能です。走破性は大きく劣ると思われます。

サイズについては、それぞれ利点があり各サイズの愛好家の主張も様々あるようですが、現行では29 27.5 27.5+が主流です。

個人的には29は大きすぎる気がするので、27.5か27.5+がもっともベストな選択かなぁと思っています。

どのサイズであっても、一番楽しく乗れることが最も大事ですね。

ホイールも趣味性が高いマウンテンバイク

f:id:sayran1978:20200719184609j:plain

ロードバイクに比べると趣味性が高いマウンテンバイクですが、ホイールに関しても同じでした。

時間と金銭的に余裕があればマウンテンバイクのホイールは手組がいいですね。

自分のライドスタイルと走る道に合わせて組むとより楽しめそうです。

マウンテンバイクのホイールを考える時に注意したい点は、サイズです。

走破性と安定性なら29、取り回しを求めるなら27.5、29と27.5のタイヤを使いたい場合は27.5+です。

29は一般的な日本人の体形だとちょっと大きい気がしますがどうでしょうか。


なお、今回も参考サイトは以下のとおりです。

MTB:ホイール基礎知識

レッドブルのマウンテンバイクサイトはわかりやすくていいですよ。コンテンツも多彩です。

おわり

-マウンテンバイク

© 2021 ジテツーブログ Powered by AFFINGER5