コラム

自転車通勤と体の抵抗力の関連性

どうもsayranです。

自転車通勤を執念深く続けてかなりの年数になりました。10年くらいですね。平均距離は多分往復40キロくらいです。

自転車通勤を始めてからすぐに感じた事があります。

引き始めの軽い症状も合わせて風邪を引かなくなった、という点です。全く引かなくなったという事ができます。それが何年も続きました。

自転車通勤を始める前は、本格的に風邪を引かずとも軽い症状は結構あったのですが自転車通勤を始めてそれもなくなりました。

最近は1年に1.2回ほど風邪にかかっていますので、少し弱くなったかもしれません。

自転車に乗り続けると何故風邪を引かなくなるのか、その点をちょっと考えてみたいと思います。

自転車通勤と体の抵抗力の関連性

f:id:sayran1978:20200404213815j:plain

有酸素運動と抵抗力の関連性として、一般的な医学的見地から言われている事は

  • 有酸素運動による活性(NK)細胞の代謝がよくなるため
  • ストレスの解消効果

このあたりがよく言われています。後は、肺が強くなるという事も言われています。

僕が実際に自転車通勤やロードバイクで遠出した時に感じる事と合わせて考察してみたいと思います。

活性(NK)細胞の代謝がよくなる

細胞の代謝というのはどう体感できるんでしょうか。これはイマイチ分かりにくいですね。

活性(NK)細胞というのが抵抗力の元になっているみたいです。

細胞の代謝はよくわかりませんが、ロードバイクは血液で走る、という感覚はいつも感じています。

血液がよく循環している感じですね。酸素を大きく取り込んで体を循環している感じです。

細胞の働きには酸素の供給を必要なので、有酸素運動が活性細胞の代謝に有効ということはわかります。細胞の働きも良くなりそうです。

とはいえ、やっぱり細胞が活性化しているのはよくわからないです。

どちらかというと、ストレスの軽減のほうが体感できます。

ストレス解消効果

抵抗力を高めるには、ストレスをためない方が効果があるような気がします。

睡眠は自律神経を交感神経から副交感神経へと切り替え、体をリラックスさせる行為との事ですが、良質な睡眠はその効果を最大限に高めるそうです。

良質な睡眠を支えるものとして、毎日の自転車通勤があります。

適度な運動をするとよく眠れるますが、よく眠れる理由の内訳として頭がかなり休まるというか、いい感じに動く感覚があります。

頭の中を空気が通り抜ける感じですね。実際に頭に酸素が供給されているのかもしれません。

これも血液の循環の効果じゃないかと思っています。

自律神経は適度なストレスで働きがよくなるらしいので、仕事と自転車通勤のかけ合わせが相性がいいのかもしれませんね。

肺が強くなる

これはあまり効果は感じません。

血流はよくなると思いますが、最大酸素摂取量はカンタンにあがりませんしね。

気管の通りはよくなる感覚はありますので、気管や肺の動きを支える横隔膜の筋力は強くなっていると思います。

肺の気泡が大きくなっている等は分からないです。

肺を強くしたい場合は長い目で見ないと難しいですね。肺そのものより心臓が強くなる感じのほうが分かりやすいです。

強度の高い運動は逆効果

体に大きな負担がかかると一時的に抵抗力が落ちるとの事です。

僕の場合は雨の時に自転車通勤をして風邪を引いたことがありました。

最近体温をマメにはかるようになって分かったのですが、水や汗はかなりの解熱効果があります。

体の芯がすぐに冷えるんですね。冷えた体の熱を上げるのにエネルギーを使うので体力が落ちている時は風邪を引きやすいわけです。

体を冷やすのは予想以上に危険なので気を付けましょう。

ちなみに、プロのロードレーサーも風邪をひきやすいです。

原因は体脂肪率が低いからだそうです。痩せすぎもよくないですね。

血液循環の活性化がポイントでは

抵抗力を高めるためには血液循環をよくする、これがポイントかなぁと考察します。

血液は体のあらゆる臓器に酸素を運ぶ役割をしています。

しっかり酸素を取り込んで、各臓器で利用して、また新鮮な酸素を取り込んむ。この流れが代謝でしょうか。

この一連の動きが活性化されると体が新鮮になる感じが体感できます。

うまく一連の流れができるといい睡眠もとれるようになり好循環が生まれます。これで風邪を引きにくくなっているのではないでしょうか。

  • 毎日有酸素運動をする
  • 適度に仕事をする
  • いい睡眠をとる

このバランスで病気にかかりにくい体ができると結論づけたいと思います。

有酸素運動はランニングが一番手ごろですが、個人的にはストレス解消効果と有酸素運動、無酸素運動を適度に繰り返すボクシングもありかなぁと思っています。

そして、最後の仕上げは生活をパターン化させる事ですね。

人は普段からありとあらゆるウイルスにさらされてますが、自分の抵抗力でウイルスから身を守っています。ヒト免疫不全状態になるとアッという間にあらゆる病気にかかってしまいます。いわゆるHIVですね。

新しい感染症が生まれる事を考えると、日ごろから抵抗力を高めておくのはこれからの時代必須となるかもしれません。

健康資産は継続しないと効果が出ないので今回のコロナウイルスには間に合いませんが、今回の感染症を機に健康資産の積み上げを考えてみてはいかがでしょうか。

働く方にとって適度な運動は頭のクールダウンにもなるので、より一層オススメです。

おわり

-コラム

© 2021 ジテツーブログ Powered by AFFINGER5