ライド

やっぱりバーテープはOGK!あとオリンピック情報

どうも、sayranです。

変速調整もかねて今日も軽く走ってきました。

今日は風も強くてやたら寒いしあまり楽しめませんでした。風が強い日はロード向きではないですね。ではいつ乗るんだって話になってきますが。。。

そんな中でも変速はばっちりでした。これで明日からの通勤も問題なしです。

シフト、ブレーキワイヤーとバーテープの話

簡単にシフト、ブレーキワイヤーとバーテープの件に触れておきます。バーテープはOGKがいいですよ。

ワイヤーは問題ありませんでした。ブレーキの引きは。。。

シフトケーブルの交換を昨日しましたが、変速はすこぶる快適でした。

リアもフロントも問題なし。この手のワイヤーになってから引きが重いという事がなくなりました。シフトに関してはもう完成されているのでこれで十分ですね。

ブレーキだけは相変わらず引きが少し重いです。ここだけはポリマーコーティングの方がかなり軽いですね。この差はわざとでしょうか。シフトは電動があるのでワイヤーカテゴリでの差別化が必要ないのかもしれません。

OGKのバーテープいいです

厚手で柔らかめというものだったので、ボヨンとしたやつだと思っていましたが違いました。

厚手だけど堅めです。引っ張っても伸びないタイプです。そのせいか、少し巻きにくいですね。でも、これはいいです。厚手でもダイレクト感を損なわずに済みます。

そして、この表面加工。大阪グリップ工業というだけの事はあります。滑りません。少ししっとりしてる感じですが握った感じもいいです。

冬はグローブの厚みがあるのでフルに恩恵を受ける事ができません。夏用ですね。

前のキャノンデールのバーテープもよかったですが、これは更にいいです。欠点は飾り気がなく少しダサいところでしょうか。

そんなの気にしないという方にはオススメです。巻きにくいのと、長さが少し短めなので大きなハンドルを使っている方は注意してくださいね。

薄手から厚手、コルクタイプなど色々あります。お好みでえらんでもハズレはないと思います。

OGKはレーサーからのフィードバックがあるのが大きいですね。品質がいいです。

オリンピック観戦情報

シクロワイヤード
www.cyclowired.jp

おなじみシクロワイヤードにて栗村さんが観戦スポットの解説をしています。

  • 歩道と車道の区別がないところの観戦は控えてほしい
  • すばしり道の駅でのパブリックビューイング
  • 三国峠と明神峠が観戦ポイント
  • 富士スピードウェイの有料スタンド観戦席チケットは既に完売

パブリックビューイングで見るのが一番無難ですね。無料でなおかつ栗村さんの解説付きだそうです。楽しそうです。

次は三国、明神峠。体力がある方向けです。栗村さんによると、ツールでいう所のラルプデュエズ的なポイントになるそうです。

ポイントまで歩きかロードの自走になるので、ちょっと大変ですが応援のしがいはありそうです。

道志道は観戦禁止になりそうですね。は?って感じですが、歩道と車道の分離ができてない道路は観戦しないでほしいとか。道志道はスピード区間になりそうで見応えありそうなんですが。

では、序盤の山道も禁止ですかね。外国のレースみたいな感じにはならないですね。外国のレースは観客が加熱しすぎて危ないですが、日本人はあそこまでやらないはずなので解放してほしいところです。

シクロワイヤードの記事を見るとオリンピックが楽しみになってきます。できるだけ観戦ポイントは確保してほしいですよね。

-ライド

© 2021 ジテツーブログ Powered by AFFINGER5